So-net無料ブログ作成
検索選択

年齢別!子どもの叱り方~叱るを怒るにしない工夫~ [☆子育てあるある]

こんにちは!!

今日は久しぶりに朝ブログを

書くことができました♪

というのも

今日はまたこれから

預かりの予約が入っているので

今書かなくてはいけないという…。


そして昨日スーパーの特売で

もつがg56円という…

思わず買ってしまったので

本日の夕飯はもつ煮!

これまた時間がかかるので

やはり書くなら今だな~とw




本日のテーマは

「叱り方」についてです!

私も幼稚園教諭をやるなかで

とっても難しいテーマです。。。

自分自身できているか

自身がなくなる時も

いざ叱ったあとに

後悔をするときもあります。

そんな中で

気がついたポイント

皆さんにお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク






まず叱り方のポイントとして

(聴覚から)
◎短く、はっきり、分かりやすい言葉で
(視覚から)
◎怖い顔、低い声、首を横に振るまたは指で×マークをつくって
(理解につなげられるよう)
◎年齢や月齢にあわせた方法で

を心がけています!


そして叱るタイミングは2つだけ!

◎危険な時

◎道徳に反した時

これ以外は

意外と自分の思った通りにいかず

いらっとして”怒って”しまっている時ではないでしょうか?

ここが叱ると怒るの境です。

”叱る際一度立ち止まる”

本当にこれは叱るべきときなのか

いらっとした勢いでないか

一度確認してみましょう♪

1a72a265381109a0a5d1f0e8f5b72e18.jpg

((事例))

例えば、登ってはいけないテーブルの上に乗ったとしましょう。
対象は2人兄弟の3歳の兄とします。(弟は2歳)
弟は床のおもちゃで遊びながら
兄のことを見ています。

さぁなんと声をかけますか?

”危ない!!”と思って

まず叱ります。

上記のポイントに気をつけて

「落っこちて怪我したら大変だから

テーブルには登っちゃいけないよ」

これは◎危険な時であるので
もちろん叱るべき時です。


ありがちなのが…

「お兄ちゃんなんだから…」

「○○(弟)も真似するから…」

兄弟を叱る際は

必ず一人ひとりの名前を呼んでください。

兄弟というのは、

子どもからしたら理不尽な話であり

「お兄ちゃんなんだから…。」という言葉

または兄弟や友達との比較というのは

控えましょう。

さらに


「なんでそんなことするの?」

「いいかげんにしなさい!

何回も同じこと言わせないで!」

「もうしないで、分かった?」

ここまで来ると

叱る→怒るにシフトしています。

たとえ3歳児であっても

1回じゃ難しいときがあります(・・;)

同じ場面が何回あっても

1回目と10回目でも

同じ言葉かけをしてみましょう。

(だんだんイライラがたまってくると思いますが

「怒らない私ってえらい!」wと思ってこらえましょう)


そして叱る中で

よく耳にするのが

「いいわね、分かった?」

と子どもに確認をする

分かった?の部分です。

これをいうと子どもは

「はい」または

「うんうん」とうなずくでしょう。

しかし、

かなしいかな、分かってないんですね~w

これ、この分かった?の正体は

完全に大人サイドの自己満にすぎません。

さらに、そのあと

同じことを子どもが

もう一回やったら大変。

「さっき分かったっていったでしょーーーーー!!」

(すいません、分かってないんですー!!)

イライラを増大させるというパワーを持っていますw

これもう言わないほうがいいですw

素晴らしい悪循環をうんでしまいますw


そして叱ったあとこそ

しっかり観察をしてください。

今言ったことが伝わっているのか

伝わってなさそうだなと思うときは

伝え方を改めてください。


ここで発達にあった叱り方をお伝えします♪


0歳=表情や態度は分かります。
    →表情やしぐさに重点を置きましょう。

1、2歳=わかるけど~わからない時期です。
      →その場でその時の繰り返しを根気強く行いましょう。

3歳=言葉が分かり始める時期です。
    →子どもが納得する言い回しを心がけましょう。

4、5歳=ルールや理由を理解します。
      プライドに配慮しながらきちんと説明しましょう。

子どもの発達にあわせた

的確な叱り方をすることで

子どもも理解しやすく

またお母様のストレスも減らせるのではないでしょうか?

あ!!っとお子さんに声をかけるとき

今のは…”叱る?””怒る?”

心の中でフィルターに通してみてください。

そして、パパのお仕事♪

怒るのをぐっとこらえるママを

ほめてあげてください♪


ではでは!


保育ママのサイトからいらした方は
こちらもご覧ください↓↓

【私が幼稚園の先生になった理由】

http://haruxamixxx.blog.so-net.ne.jp/2015-08-17

【家庭支援がしたいんだー!】自宅預かり保育については↓

http://haruxamixxx.blog.so-net.ne.jp/2015-08-18-1
【~預かり保育のご案内~】
http://haruxamixxx.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22-1
----問い合わせ----

ru.86868686☆gmail.com

(☆を@に変えてください。)


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。